弁護士に多く寄せられる相続放棄の相談について

負の遺産とは?

遺産には家や財産などの資産の他に借金などの負の遺産もあります。負の遺産とは借金などの支払い義務のある遺産のことです。預金以上に借金がある場合などは、相続してしまうと払う金額の方が大きくなってしまいます。遺産を相続するときには負の遺産のことを調査してから、相続するといいでしょう。

相続放棄と遺産放棄の違い

相続放棄について

相続放棄とは相続人としての地位を失うことで、始めから相続人でなかったことになります。家庭裁判所に申述することで、法律的効力が生じます。相続人ではないので、遺産を受け取る一切の権利を消失してしまうのです。

遺産放棄について

遺産放棄は個々の財産について権利を放棄するというもので、相続人としての地位を失ものではありません。新たに財産が出てきた場合には相続人としての権利を持つことができます。

弁護士に多く寄せられる相続放棄の相談について

バッジ

負の遺産を放棄したいなら専門の弁護士に相談!

安易に相続放棄をしてしまうと、財産についても相続できなくなります。そうなる前に専門の弁護士に相談するといいでしょう。負の遺産だけを放棄する方法を考えてくれます。一般の人には難しい部分になるので、専門家を通して解決した方が良いです。

男の人

相続放棄にかかる期間と費用

相続放棄にかかる期間は書類の不備がなければ、長くても1か月程度です。費用としては収入印紙代800円、予納郵便切手代、戸籍謄本と除籍・減戸謄本を取得する代金くらいです。弁護士に依頼した場合は報酬の相場は10万円程度になります。

男性

生前でも前もって相談できる

相続放棄は生前でも相談することができます。相続放棄するかどうかという相談を前もってしておくと、事前に調査するポイントなどをアドバイスしてもらえることもあるでしょう。法律的に問題がないかどうかを確認しながら相続問題を相談するなら、生前からすると時間をかけて問題解決できるでしょう。

相続放棄をしても生命保険は受け取れる!

相続放棄は遺産の放棄をすることです。遺産を放棄してしまうと保険も受け取れないと考る人が多いでしょう。しかし、生命保険は受取人の固有の財産と見なされるので、受け取ることは可能です。生命保険を受け取るためには受取人になっていることが重要です。

広告募集中