ホルモン補充療法の魅力につて知ろう|明らかに魅力UP

美容クリニックの違い

医者

美容に特化した皮膚科

美容に関連の医療施設には、美容皮膚科や美容外科など微妙に名称の異なるものがありますが、治療の内容にどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、美容外科と美容皮膚科、及び、一般的な皮膚科の違いを説明します。まず、美容皮膚科と美容外科の違いですが、美容皮膚科は皮膚が専門ですから、ニキビやシミ、しわなどの肌の状態を改善することに長けています。一方で、美容外科は、整形手術などメスを使って外科的に美しい身体に変えることが専門です。この両者の治療は重なる部分もありますが、基本的に、美容皮膚科は大掛かりな外科手術はしません。普通の皮膚科との違いは、美容皮膚科が美容に特化しているところです。それは、保険治療にあらわれますが、普通の皮膚科では、一般的な皮膚の疾患を扱うことが多く、それも保険の範囲での治療が主になります。一方で、美容皮膚科は、保険適用にこだわることなく、最善の治療ができます。

具体的な治療の種類とは

美容皮膚科では、ニキビやシミなどを根本的に治すことや頬などのたるみの改善、美肌など主に顔に関する治療から、脱毛、脚痩せ、バストのデコルテ、ほくろの除去など体全体に渡る治療まであります。その他にも花粉症や多汗症などの治療も行います。治療に使う機器も症状に応じて異なる医療用のレーザー機器を用意していますし、レーザーとは異なる普通の光を照射してニキビなどの治療をする機器、電気による刺激で筋肉を引き締めるEMS治療に使う機器などがあります。また、注射もヒアルロン酸の注入やボトックスなどに使われますし、塗り薬や飲み薬による治療もあります。前にも記したように、美容皮膚科は、保険適用にしばられませんので、いつでも根本的な改善を目指す最善の治療を目指しています。